愛を乞うケモノ

あらすじ

高校生の妹尾薫は、図書室で出会った魅惑的な少年「篠原慧」に恋をした。慧は毎夜、義父に抱かれていたのだった…!!その義父は母親の弟。禁断の関係に苦悩する養父と、養父に身も心も奪われ全てを捧げる慧。そんな少年達を結ぶ秘密の過去が明らかになり…。明るく優しい薫の想いは、歪んだ愛に生きる慧の心に届くのだろうか?そして、薫と慧の隠された関係とは一体…?

 

レビュー

なんとも不穏な三角関係。血縁関係ゆえに罪悪感を抱きながらも止められない感情。しかもそれがダブル禁忌とは!薫が慧に惹かれてしまったのは近しいものを感じたからなのでしょうか。それにしても、慧の養父に対する恋愛感情のみで生きているという雰囲気は少年ながらに妖艶で、なんとも言えないエロさを醸し出している!素直で明るい薫が黒い渦に飲み込まれてしまいそうでハラハラしてしまったけれど、まさか薫と慧の関係にあんな秘密が隠されているなんて…。本当のハッピーエンドではないかもしれませんが、慧を中心に描かれた不思議な空気感は読み応え抜群です!

トップへ戻る