アイドル強制操作1話をまだ読んでない人はココで試し読みしてみよう!

アイドル強制操作|1話まとめ

社会の片隅にいる主人公が、突如手にした特殊能力で自らの欲望を極めていく・・
19世紀に発表された「透明人間」以降、この手の話は尽きることがないのよね。
特に20世紀の後半辺りからは、タブー視され始めてきた『性欲』に対する題材が増えたような気がする。

 

欲望を満たすツールは、その時代ごとに発表される作品によって、最新の物が使われるから、集めて比較するとその時代の欲望とツールの歴史が判って面白いかもしれないよ。
さてマジメな余談は置いといて、本編についてだ♪

 

この作品、一話辺り30ページの大半をエロ描写に割いてるからエロ以外の設定の説明や描写は極力省いてる。
この省略テクが結構うまい。感心する。
主人公が特殊能力を身に付けた過程は回想だし、特殊能力のツールも、スマートフォンという視覚に訴える漫画向きの素材だからだ。
そして何より、女性のキャラクター描写が男性好みのタイプに描けている。この作品は直球のエロ作品だけど、官能漫画も描けそうじゃないかな?
……あー、でも売れないかぁ ( ̄◇ ̄;)。

 

だけどこの作品、色々とエロに特化してるからツッコミもたくさんあるのよね。

 

第一話だけ見ても――、
電車の中の公衆面前でセクハラ行為って・・。
ヾ(- -;)ォィ、誰か気づくだろ!?
主人公はターゲットを操れるんであって、AVみたいに周囲の時間を操れるんじゃないんだってヴァ!

 

ここら辺は思春期の男の子は気にしないだろうけど、大人は引っかかるだろうなぁ。
ホラ最近、痴漢冤罪が結構多いからさぁ……。

 

 

この官能漫画も面白い

私が何としても推したいのは一度アニメ化された影木栄貴先生原作、蔵王太一先生作画のLOVESTAGEです!

 

主人公の設定が超芸能一家に生まれたちょっと世間知らずでわがままなオタクというかなり珍しい設定が目を引きます。また、オタクという事で読者により親しみを与え易い所もベテラン漫画家影木栄貴先生の腕の良さを感じさせます。

 

メインの2人を支える兄とマネージャーもまた良い味を醸し出して、物語により深みを与えています。同時並行でBACKSTAGEの方も読む事で物語のサポーターとなる2人の不思議な関係を楽しむ事が出来、より深く物語を楽しむ事が出来る為、BACKSTAGEもまた必読です。

 

設定の良さが良い物語を創り出している、ベテランによる名作と言えるでしょう。

トップへ戻る