世界一初恋4巻ネタバレ|ひねくれた心とは反対に体は無意識に・・

世界一初恋4巻ネタバレ

 

あらすじ

編集部の仕事でくたくたになる毎日。
そんな忙しい毎日を過ごしている律だったが、クリスマスイブが、高野の誕生日だと律にライバル意識むき出しの横澤から聞かされる。

 

そしてクリスマスイブ当日。
高野の強引な手によりドライブデートが結構されるも、律の表情は暗い。
横澤と高野の関係に嫉妬しているからだった。

 

高野と2人で雪を眺めている律。

 

お前と一緒に見たかったのだと高野に告白され、信じきれない律は高野と横澤の関係に不満をぶつける。
しかし「10年前からお前が好きなんだよ」との言葉に律の感情は大きく揺らいだ。

 

流されるがまま、2人は車の中で行為に及ぶ。
酔った勢いでもなく、行為を許す関係となったのだ。

 

二人の関係が良好になり始めたかに思えた。
しかし、そんな中現れたのが、律の婚約者だ。

 

婚約者がいると知っていた高野は、嫉妬心から律に冷たく当たる。
そして律の目の前で、福澤のところに行くと宣言する。
高野を手放したくない律は、行かないでと背後から抱きついた。
そして2人はそのままベッドイン。
高野への想いを自覚した律だった。

 

 

レビュー

今回、ようやく律が自身の想いを自覚する事が出来た回でした。
高野に好意を寄せている福澤に嫉妬する律。
律の婚約者に嫉妬をする高野。
うまく関係が進みそうになると現れるライバルの存在や、その出現によって互いの感情が掻き乱されてしまう描写がとても丁寧に描かれています。
もどかしいやりとりが続いていたけれど、今回ようやく2人の距離が縮まることになり、ホッと一安心できました。
取られたくないという思いから、ひねくれた心に反して身体が高野を引き止めてしまう律。
この辺りがなかなかの萌えキュンポイントでした。

 

イチオシしページ

今回の見所はこれに尽きます。
119ページの律が去ろうとする高野に、行かないでと背後から抱きつくシーンです。

 

この時、高野の見せる柔らかい表情が、読み手に深い心理を追求させてくれる場面となっています。
最初は手を離せと言って律から遠ざかろうとする高野でしたが、律に引き止められ、驚くような表情をします。
そのアングルと、119ページの高野の表情のアングルは全く同じなのですが、この二枚の違いはじっくりと見てしまいます。
高野の心がわかりやすく描写されていて、ぜひじっくりと見てもらいたいです。

 

 

まとめ

今回は二回ほど濡れ場がありました。
そのどちらも、幸せいっぱいの内容です。
ただの濡れ場で終わる漫画が多いBL業界ですが、この中村さんの作品はとても内面的に実のあるシーンばかりです。見ていて飽きの来ない濡れ場を多くの方に堪能してもらいたいですね。

 

※2017/09/19更新※

世界一初恋全巻レビュー

世界一初恋
1巻レビュー
世界一初恋
2巻レビュー
世界一初恋
3巻レビュー
世界一初恋
4巻レビュー
世界一初恋
5巻レビュー
世界一初恋
6巻レビュー
世界一初恋
7巻レビュー
世界一初恋
8巻レビュー
世界一初恋
9巻レビュー
世界一初恋
10巻レビュー
世界一初恋
11巻レビュー

無料官能漫画TOPに戻る